選定検討会委員特別賞
28年度選定

自立支援下着(やわKOROMO)・ 高性能尿取サポーター(やわSAPO)

環境効果・概要

 新開発の吸水素材とメリヤス素材により、紙おむつと同等の尿吸水能力を有し、布おむつの快適さを提供できる他に類の無い製品です。300回以上の家庭用洗濯機での洗浄耐久性がありますので、繰り返して使え、紙おむつがゴミとして月間60㎏排出されるのに対し、この商品はわずか54gとなります。また、コストも紙おむつと比べ月間約8,000円のコスト削減となります。このように、この商品は環境にもお財布にもやさしい商品です。

株式会社 プリムラモデスタ の紹介・ 製品PR

 当社は、2012年9月に法人化した設立間もない企業です。法人化以前から、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合機構(NEDO)の福祉用具実用化開発支援事業の助成を受け、素材の研究開発から商品の製造・販売まで行ってまいりました。介護福祉事業は、2000年の介護保険制度が始まって以降拡大をしておりますが、急激な少子高齢化の進展により財政逼迫、介護福祉士などの人材不足の課題など切迫した状況が続いています。その中で、当社は介護福祉業務の中でも最も負担の高い業務の1つである「排泄ケア」に焦点を合わせ「介護する人もされる人も幸せになれる商品づくり」を目指しております。弊社の商品はすべて特許を取得しており、他社に類の無い商品作りをしております。今回の商品はこれまで「実現不可能」とまで言われた「紙おむつと同等の吸水能力を有し、繰り返し使える吸水素材」を大手の繊維メーカーと共同で開発し、多くの介護福祉施設様のモニターを通し今回商品化したものです。是非ご愛顧いただきQOL(生活の質)の改善にお役立て下さい。現在、介護度の高い方向け及び介護をされる方の負担軽減ができる商品についても研究開発を推進しておりますので、今後共ご支援の程宜しくお願いいたします。
代表取締役
太田 由美子 氏 からの一言
 介護福祉現場の壮絶な苦労と、加速する地球温暖化問題を目の当たりにし、企業として「何とかしたい」という一心で始めた事業です。素材開発からデザイン機能検討および製造まで、これまでに例の無い商品の開発であった為、すべて手探りでのスタートでした。幸い、賛同する多くの方のご支援を受けることが出来、商品化することが叶いました。しかしながらこの状態に満足せず、この事業を通し今後もより良い物作りを行い、社会に貢献させていただきたいと考えておりますので、宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

株式会社 プリムラモデスタ  

〒 807-1112   北九州市八幡西区千代3-16-1

TEL : 093-611-4936  FAX : 093-982-4050

http://www.primulamodesta.com/   

北九州エコタウン事業

北九州市環境局環境未来都市推進部環境産業推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1

TEL 093-582-2630 FAX 093-582-2196

© Office for Environmental Future City Promotion. City of Kitakyushu.