エコプロダクツ <環境関連技術>

使用済有機溶剤からの精製リサイクル製品

  • 省資源
  • リサ応

環境効果・概要

 使用済有機溶剤を廃棄物して焼却しまうと、その量の約3.5倍の二酸化炭素に変わり、年間数百万トンの二酸化炭素が排出されています。それらを当社の蒸留リサイクルに取り込んでいく事により、資源循環を促すと同時に、CO2削減量(環境負荷低減活動)にも貢献しています。更に、その効果の定量化にも取り組んでおります。

九州リファイン株式会社 の紹介・製品PR

 当社は平成26年6月に若松区の響灘地区にある総合環境コンビナート響リサイクル団地内に設立し、同年7月1日から製造を始めたばかりの会社です。様々な業種(電子材料【液晶,半導体】・塗料,印刷・医薬・農薬・食品・香料・樹脂・建材など)の製造過程において、使用済有機溶剤という物が日々発生しております。
 これらを蒸留再生して、リサイクル製品【委託加工:発生元にお届け】及び他用途として利用【一般販売】することで、新たな資源消費や廃棄物排出量を抑制し、CO2排出量削減に貢献しています。
 使用済有機溶剤というのは、いくつもの成分が混ざった状態となっており、これらを当社の蒸留技術を用いて単一成分として回収し有機溶剤バージン製品の代替としてご利用して頂いております。
 これからもお客様の様々なご要望に応えつつ、環境負荷低減活動に貢献します。
 ここ3年間の実績は以下の通りです。
【平成26年度】CO2排出量削減貢献:   426t(使用済み廃液リサイクル処理:322t)
【平成27年度】CO2排出量削減貢献:1,259t(使用済み廃液リサイクル処理:883t)
【平成28年度】CO2排出量削減貢献:4,900t(使用済み廃液リサイクル処理:989t)
 ※当社独自のLCA計算(CO2排出削減貢献試算シート)を用いて算出。
取締役
野尻 英治 氏 からの一言
 いくつもの成分が混ざった状態の使用済有機溶剤から、単一成分として回収し有機溶剤バージン製品の代替とするビジネスには、まだまだ当社の活躍の場が眠っていると考えております。
 危険物を取り扱いますので安全には細心の注意を払いつつ、当社の蒸留技術を用いてCO2排出量削減(環境負荷低減活動)に貢献します。

お問い合わせ

九州リファイン株式会社  

〒 808‐0021 北九州市若松区響町1-62-19

TEL :093-701-6882  FAX :093-751-4100

http://www.n-refine.co.jp/   

北九州エコタウン事業

北九州市環境局環境国際経済部環境産業推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1

TEL 093-582-2630 FAX 093-582-2196

© Office for Environmental Future City Promotion. City of Kitakyushu.