循環(リサイクル)型社会を目指す企業団地「北九州エコタウン」のご案内 北九州市エコタウンセンター

北九州市エコタウンセンター

北九州市エコタウンセンター

メニュー

  1. ホーム
  2. 北九州エコタウン事業
  3. エコタウン実証研究

エコタウン実証研究

提供します。実証研究フィールド!

 環境の未来へ向けて 数多くの技術が「実証研究エリア」で開発され、成果をあげています。
「実証研究エリア」では、企業、大学、行政の連携により、最先端の廃棄物処理技術をはじめ、資源リサイクル、新エネルギーなど幅広い環境関連技術を実証的に研究する施設の集積をめざしています。

実証研究エリアとは?

 北九州エコタウン「実証研究エリア」とは新たな環境産業を生み出すため、企業、大学などにより、最先端の廃棄物処理技術をはじめ、資源リサイクル、新エネルギーなど幅広い環境関連技術を実証的に研究する施設を集積しているエリアです。

 北九州市が 水道、下水、道路等のインフラを整備 した用地を確保し、安い賃貸料金にて実験者に実験用地を提供することにより、実証実験に着手しやすい環境を整えています。

実証研究エリア 研究施設

1 福岡大学資源循環・環境制御システム研究所 資源循環型社会をめざして廃棄物の処理技術・リサイクル技術及び環境汚染物質の適正な制御技術を産学官で共同研究
2 新日鐵住金エンジニアリング(株)技術本部技術開発第二研究所 国内の大学や研究機関、企業と連携して、処理困難物の適正処理技術や地球温暖化対策技術など、環境関連のテーマを幅広く研究。
3 九州工業大学エコタウン実証研究センター 食品廃棄物からバイオマスプラスチックを製造する実証研究と使用済みバイオマスプラスチックのケミカルリサイクルに関する実証研究
4 環境テクノス(株)ひびき研究所 放射能環境標準物質や高機能竹繊維を使った低炭素形軽量強化プラスチックの開発。
5 金属ブリケット化技術に関する実証研究施設 経済合理性のある金属固形化装置(金属ブリケット装置)の開発に関する実証研究。〈株式会社北九州空き缶リサイクルステーション〉
6 バイオマス・廃プラスチック類の熱分解実証研究施設 廃プラスチック類、木くず、畜産汚泥、下水汚泥等を熱分解(300℃〜650℃)することにより、油脂及び炭化物を回収する技術に関する実証研究。〈株式会社東芝〉
7 多機能盛土による汚染土壌等の長期隔離・保管に関する実証研究施設 処理困難物を含む汚染土壌などを対象とした封じ込め技術に関する実証研究。〈北九州市立大学〉
8 炭化技術による有機性廃棄物の活用研究施設 車載型炭化装置により木質系廃棄物や食品廃棄物を炭化し、その炭化物の用途開発を行う実証研究。〈株式会社SUMIDA〉
9 竹貯蔵時の耐候性に関する実証研究施設 竹貯蔵時の耐候性に関する実証研究。〈合同会社ひびくー〉
10 炭化水素油生成に関する実証研究施設 プラスチック及び動植物に由来する油脂類から、新しく開発した触媒を用いて、灯油・軽油相当のバイオ燃料を製造する実証研究。〈株式会社リサイクルエナジー〉

実証研究エリア 概要

所在地 北九州市若松区向洋町 10 番地内(北九州エコタウン事業「実証研究エリア」)
※JR小倉駅より車で 30 分
貸付価格 約40円(1ヶ月、1m²あたり) 
例えば、 1,000 m²の用地を 1 年借りた場合、 賃貸料は50万円です。
貸付区画 400 m²〜 4,000 m²(平成23年7月現在)
( 4,000 m²を超える用地をお探しの場合もご相談下さい。)
申込 随時受付中 ご案内チラシ(PDF)

実証研究エリア 使用要件

 実証研究の実施にあたっては 環境保全に関する法律や条例等を順守いただく必要があります。このため、事前に実験計画書を提出していただき、関係部署にて環境保全対策状況等について審査を行います。
  その審査に合格した後、実験を開始いただきます。

北九州市エコタウンセンター廃棄物研究施設の紹介

 実証研究エリアには最終処分場等に関する多様な研究に対応可能な賃貸型の廃棄物研究施設(レンタル槽)があります。

主な設備 実験槽 (7m×5m×4m [ 深さ ] ) 7区画廃水処理設備 (2m 3 /日処理) 、展示室など
賃借料 実験槽 60,000 円 / 区画・月 、廃水処理設備 1,800 円 / 日

支援制度(環境未来技術開発助成金)

北九州市 環境未来技術開発助成(詳しくはこちらをクリック)

  事業化チャレンジ枠 一般枠
対象分野 最重点分野(※1)及び当該分野に準じ市長が特に認める分野の実証研究のうち、より事業化に近い段階の研究開発 廃棄物処理・リサイクル技術、環境保全技術、環境に配慮した製品開発技術、新エネルギー技術など環境技術の研究開発
対象者
  1. 北九州エコタウン実証研究エリアで実証研究を行うもの(原則)
  2. 実証研究エリアで実施することが困難等実証研究エリアで実施しない相当の理由がある場合で、かつ市内で実証研究を行う者
補助率 市内中小企業が中心となって実施する場合 対象経費の2/3以内 対象経費の2/3以内
市内の大学等が中心となって市内中小企業と共同で実施する場合 対象経費の1/3以内
(重点分野(※2)の場合1/2以内)
上記以外の場合 対象経費の1/3以内
(重点分野(※2)の場合1/2以内)
限度額 1,500万円 1,000万円
助成期間 原則1年 最長3年

こどもエコタウン。みんなは北九州市で一日に家庭からでるゴミの量がどれくらいか知っているかな?

北九州市エコタウンセンター

開館時間

9:00 〜 17:00

休館日

日曜日・祝日・年末年始

入場料

無料(ご自由にご覧ください)

工場見学の際は、資料代が必要です。
【大人(高校生以上)100円、子ども50円】
但し、北九州市民及び、北九州市内に通勤・通学する方、エコタウンセンターのみ見学は無料です。

エコタウンセンターは自由に見学していただけますのでお気軽にお越しください。(工場見学は予約が必要です)
個人でも団体でも、もちろん家族でも、リサイクルやエネルギーに興味があるみなさんのご来館をお待ちしています。北九州エコタウンについて疑問・質問等があればエコタウンセンターにお問い合わせください。

▲ ページの先頭へ

北九州市エコタウンセンター

福岡県北九州市若松区向洋町10番地20
TEL : 093(752)2881 FAX : 093(752)2882
開館時間:9:00〜17:00 
閉館日:日曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月3日)

「北九州市エコタウンセンター」は、ひびき灘開発株式会社が指定管理者として運営・管理をおこなっています。

Copyright (C) 2002 - 2016 KITAKYUSHU ECO-TOWN CENTER. all rights reserved.